【癒しの泉】第16回 どうせすべて上手くいく!

気分が落ち込んでいる時や、何かがあってショックを受けている時、
頭の中は、ネガティブな思考でいっぱいになってしまいますね。
今日も仕事でミスした。自分はやっぱりダメだ。明日、仕事行きたくない!
あの人、私によそよそしかった。私、何かしちゃったのかな。
どうして私には、パートナーができないのだろう?
このままずっと、一人だったらどうしよう?
今月、お金がピンチだ。なんでこんなにいつもお金を心配しなきゃいけないんだろう。この先大丈夫かな。ちゃんとやっていけるかな。
などなど・・・。

気持ちが落ちていると、頭に浮かぶのはとにかく不安ばかり。
どうしたら、この不安のループから抜け出せて、もっと心地いい毎日になるのでしょう。

それは、考えるのをいったんやめること。

余計なものを手放したら、楽になるんですよ。

どうせすべて上手くいく♡

【シンクロニシティー】第16回 辛い体験は分岐点

こんにちは。山崎高志です。

これまでコーチング要素の話が続きましたので今回はシンクロニシティーに戻ります。

皆さんは、過去の辛い体験がその後に起きる幸せに繋がっていたという体験をしたことがありますか?

辛い体験でなくても、些細な偶然の出会いが別の人との出会いに繋がり、更にその出会いがまた別の出会いに繋がるということがあります。

自分の人生の中でこのような体験があったかを一度確認してみてください。きっと、いま目の前で起きている世界の見方が変わります。

【12通のメッセージ】第2回 宮澤由華「自分を誰よりも好きになる!」@ 20代の君へ

第2回のテーマ
自分を誰よりも好きになる!』を
お伝えします。

自分のことが好き!
ナルシストのように聞こえるかもしれないけれど、
幸せにいきていく上で、
「自分のことが好き」って言えることって大切。

それは毎日を
精一杯生きて、
経験を積み上げている証拠だから。

 

 

ライフ華彩(ブルーミング)コンサルタント
宮澤 由華(みやざわ ゆか)』が
20代の君へ語りかけます。

 

今週の質問です!

あなたは、アナタのことが好きですか?

私が出会ってきた、成功者と言われる人で、
「自分のことを好きではない」という人は、
一人もいませんでした。

いつも自分のことが好きであることは、
大きなパワーを生みます。

自分」を理解していると、
人生を力強く歩むことが出来ます。

自分のことを
よく知っていると、
自分をどんどん変化させていくことが出来ます。

それはなぜでしょうか?

新しい環境で
自分らしい居場所を見つける方法」 。

毎日続けることで、
自分を好きになっていく方法
お伝えしています。

=================================================================

この番組は、
3名ポッドキャスターリレー形式で、
4月~12月まで3か月ごと
1パーソナリティ12回完結で担当します。

それぞれのパーソナリティが
12通のメッセージ
20代のリスナー『君』へ届ける番組です。

憂鬱な月曜日、満員の通勤電車に揺られながら
ため息をついている『君』へ

地元への
Uターン転職を決めきれない『君』へ

付き合って8年、
なかなか結婚に踏み切れない『君』へ

全国大会を目指して
あんなに情熱をかけた
サッカーも
テレビ観戦すらしなくなった『君』へ
・・・

そんな『君』へ
人生の先輩たちから
12通のメッセージが届きます

=================================================================

【4月~6月のパーソナリティ紹介】
ライフ華彩(ブルーミング)コンサルタント
宮澤 由華(みやざわ ゆか

ライフ華彩(ブルーミング)とは、
人生や生命を
 華やかに彩りあるモノにするという
意味の造語です。

宮澤 由華は、
華・食・美を通じて
心や体と対話することで
本来の自分に還る在り方をサポートする
コンサルタント

例えば、
企業経営に立ち向かっている
社長・経営者の孤独感
そっと寄り添い
安心・信頼・キズナを大切に
経営者のパートナーとして活躍中。

そんな彼女が、
現代(タイム)メッセンジャー
生命(とき)の伝え人>”
の視点で、
ポッドキャスターを務めます。

宮澤 由華のHP>
株式会社このはなカンパニー
miyachamaサロン
宮澤 由華のSNS>
ブログ
Facebook
Twitter
Instagram

『あな、ラジ』公式メールアドレス
info@anaraji.com
★各曜日の番組共通アドレスです。
件名に番組名および曜日をお書きください。

【熱血子育て応援】 第15回エピソード「自分にチャンスをあげること」

【熱血子育て応援】 第14回エピソード「自分にチャンスをあげること」

この番組は私、今瀬博が米国のギフティッドスクールで長年教えてきた経験、また、現在、日米で運営しているNPO法人Feelosophers Path教育コミュニティーの現場や経験をもとに、子育てに奮闘するお父さんやお母さんにエールを送る熱血応援番組です。

「思考のタネ」とは、「考える材料、考慮すべきこと、判断材料」です。きっとみなさんにとっても大切な質問だったり、話題だったり、これからの子育ての判断材料になるかもしれません。日頃、子育てや教育に関しての疑問や質問に一緒になって考えてみませんか。時には耳が痛くなるような質問などもあるでしょう。また、魅力ある生徒、保護者、大人たちを巻き込んだ奇想天外な子育てエピソードもご紹介いたします。

【ヒロ先生のプロフィール】
 今瀬博(いませひろし)。日本で生まれ、1993年、18歳の時、渡米。Criminal Justice(犯罪社会学)で学士、日本語教授法で修士を取得。2002年、ギフティッドの中学生を対象にした、私立のオデッセイ中学校に赴任する。後、同校のDean of Students(生徒生活指導)になり、全校の生徒達のアドバイザーとして保護者と密接に生徒達の育成に関わる。その後、同校のAssistant Head of School(副校長)になり、サンフランシスコベイエリアでギフティッド教育の普及活動をする。感情知性教育、キャラクター教育、カリキュラムデザインが専門。

退職後、2012年、カリフォルニア州サンマテオ市と日本にてエリン・スターリングとFeelosopher’s Pathという教育コミュニティーを設立。ギフティッドの子供達だけでなく、多様な学びが必要な子供たちに教育プログラムを提供している。日本では、お昼のデイプログラムや、冒険プログラム、ホームスクーリングなどを通して、感情知性が豊かになるように子供たちに挑んでいます。

また、日本ギフティッド協会を始め、年に1度ギフティッド教育カンファレンスを東京で開催している。そして、Gifted Support Groupミーティングを東京都内にて月1回開催し、ギフティッドを持つ保護者を支援しています。

NPO法人Feelosopher’s Path Japan : www.fpjapan.org

日本ギフティッド協会:www.jagifted.org

ヒロ先生のブログ:https://chishikijin.blogspot.com/

どう繋がりたいですか?

【癒しの泉】第15回 『本当の自分』って?

あなたは、「本当の自分」てどんな自分なんだろうと、思ったことはありませんか。
最近は、本やブログでも、
「本当の自分を知りたい」とか
「本当の自分で生きたい」という言葉をよく目にします。

「本当の自分」てどういう自分なんでしょう?

でも、これだけ「本当の自分を生きたい!」と思っている人が多いということは、
裏を返せば今、本当の自分を生きていない人が多い ということ。

本当の自分を生きているような気がしないから、
だから、本当の自分を知りたいし、
本当の自分を生きたいわけですよね。

では、本当の自分を知るために、どうすればいいのでしょう。

【シンクロニシティ】第15回 自分らしく生きていい

こんにちは。山崎高志です。

第15回配信は、「自分らしく生きていい」です。

私が大切にしているテーマは「自分らしく生きる」ですが、何か苦しいこと、大変なことをやり続けなければならないと考えている多くの人にお伝えしたいこと、それは「自分らしく生きていいんだよ」ということです。

誰か他の人のことを気にする必要はありません。

自分を大切にするためにぜひお聞きください。

 

【12通のメッセージ】第1回 宮澤由華「幸せになると決める!」@ 20代の君へ

第1回のテーマ
幸せになると決める!』を
お伝えします。

自分を理解し大切に扱うからこそ、
他のヒトからも大切にされることの意味を
ライフ華彩(ブルーミング)コンサルタント
宮澤 由華(みやざわ ゆか)』が
20代の君へ語りかけます。

それでは質問です!
突然、今日、
オフ(お休み)になりました。

あなたは、何をしたいですか?

3秒以内で答えられたヒトは・・・

幸せになる」ためには、
自分とのコミュニケーションが
取れていることが前提になります。
自分が何をすると喜ぶのか、
自分のご機嫌のとり方を知っていますか?

自分で自分の感情のコントロールを
するの簡単ではないですが、
出来ると、生きるのが楽しくなります

しかし、自分を幸せにするのも、
不幸にするのも自分自身です。

同じ出来事起が起こっても捉え方次第で
人生は変わっていきます。
「わたしは、幸せではない」
という理由を探すよりも、
自分にとっての幸せを描いて、
一歩一歩それに向けて
進むことで人生は開花していきます。

お花が太陽の方向に向かうように、
希望の光の方向に臨めば、
人生は変わっていきます。
周りの環境や反応も変わっていきます。

しおれている花よりも、
小さくても明るく咲いている花の方が、
ヒトを引きつけるのではないでしょうか?

自分とのコミュニケーションが取れ、
自分のココロと会話ができるようになると、
感情のコントロールができるようになり、
人生は、
アナタの求めていた方向へ進み始めます。

今では、
自分との付き合い方が上手になりましたが、
青春時代から20代中頃までを
トンネル雲の時代」と呼んでいます 。

自分自身のコトがわからず、
思考が雲の中にさまよい、
出口のないトンネルの中を
歩いている感覚を味わっていました。

しかし、
そんな私が
意を決して
自分自身に問いかけてみました。

すると・・・

=================================================================

この番組は、
3名ポッドキャスターリレー形式で、
4月~12月まで3か月ごと
1パーソナリティ12回完結で担当します。

それぞれのパーソナリティが
12通のメッセージ
20代のリスナー『君』へ届ける番組です。

憂鬱な月曜日、満員の通勤電車に揺られながら
ため息をついている『君』へ

地元への
Uターン転職を決めきれない『君』へ

付き合って8年、
なかなか結婚に踏み切れない『君』へ

全国大会を目指して
あんなに情熱をかけた
サッカーも
テレビ観戦すらしなくなった『君』へ
・・・

そんな『君』へ
人生の先輩たちから
12通のメッセージが届きます

=================================================================

【4月~6月のパーソナリティ紹介】
ライフ華彩(ブルーミング)コンサルタント
宮澤 由華(みやざわ ゆか

ライフ華彩(ブルーミング)とは、
人生や生命を
 華やかに彩りあるモノにするという
意味の造語です。

宮澤 由華は、
華・食・美を通じて
心や体と対話することで
本来の自分に還る在り方をサポートする
コンサルタント

例えば、
企業経営に立ち向かっている
社長・経営者の孤独感
そっと寄り添い
安心・信頼・キズナを大切に
経営者のパートナーとして活躍中。

そんな彼女が、
現代(タイム)メッセンジャー
生命(とき)の伝え人>”
の視点で、
ポッドキャスターを務めます。

宮澤 由華のHP>
株式会社このはなカンパニー
miyachamaサロン
宮澤 由華のSNS>
ブログ
Facebook
Twitter
Instagram

『あな、ラジ』公式メールアドレス
info@anaraji.com
★各曜日の番組共通アドレスです。
件名に番組名および曜日をお書きください。

【あっ!チャン☆】第4回 「YELL~エール~ 2019令和」@ディレクターズ・セレクション~『あな、ラジ』の世界~

当番組のディレクター
あっ!チャン☆』が
『あな、ラジ(あなた、ラジオ)
の世界を自ら伝えるスピンオフ番組

第4回は、
3月29日(金)~4月8日(月)の期間中
春のポッドッキャストまつり」に
参加させていただくことになり、
あな、ラジ・新社会人応援ウィーク
と題して、
新社会人の皆さんへエールを送る
エピソードをお送りします。

あっ!チャン☆』が21年前、
留学したボストンから帰国して
社会人デビューした際に
選択した仕事、帰国して感じたコト
などなどお伝えします。

そして!
新社会人の皆さん
スペシャルな応援歌
初披露しちゃいます!

なお、
番組で歌われた曲の歌詞はこちらです。

♪ YELL~エール~2019 令和

ゼミの終わった帰り道 黄昏 坂の街
何度も 何度も 振り返り
キミは手を振った

コトバで伝えきれないコトが
あまりに多すぎて

幾つもどかしさ越えたなら
キミに届くだろう

他人(ひと)の影が見えなくて
自分自身 見えなくて
ときに ため息が ココロをふさぐけど
キミはキミの人生の中で
いつでも どこでも
主人公でいてほしい

春は桜咲き乱れ はしゃいだゼミハイク
炎に ココロ 照らされた
山科(やましな)の夏

笑い 泣いた 日々さえも
流れる雲のよに

セピア色に染まってく
キミは気づくだろう

社会(ひと)の波に流されて
自分自身 見えなくて
ときに 想い出が ココロを癒すけど
キミはキミの人生の中で
いつでも どこでも
ひとりきりじゃないから

キミはキミの信じた夢を
いつでも どこでも
描き続けてほしい

I just say I believe in “U”


《番組へのアクセスはこちらから》

『あな、ラジ』公式ホームページ
『あな、ラジ』公式Facebook
『あな、ラジ』公式Twitter
『あな、ラジ』公式Instagram

『あな、ラジ』公式メールアドレス
info@anaraji.com
★各曜日の番組共通アドレスです。
件名に番組名および曜日をお書きください。

第14回エピソード「この春から新入社員として働くみなさまへのエール」

第14回エピソード「この春から新入社員として働くみなさまへのエール」
今、目の前の仕事を一生懸命。

この番組は私、今瀬博が米国のギフティッドスクールで長年教えてきた経験、また、現在、日米で運営しているNPO法人Feelosophers Path教育コミュニティーの現場や経験をもとに、子育てに奮闘するお父さんやお母さんにエールを送る熱血応援番組です。

「思考のタネ」とは、「考える材料、考慮すべきこと、判断材料」です。きっとみなさんにとっても大切な質問だったり、話題だったり、これからの子育ての判断材料になるかもしれません。日頃、子育てや教育に関しての疑問や質問に一緒になって考えてみませんか。時には耳が痛くなるような質問などもあるでしょう。また、魅力ある生徒、保護者、大人たちを巻き込んだ奇想天外な子育てエピソードもご紹介いたします。

【ヒロ先生のプロフィール】
 今瀬博(いませひろし)。日本で生まれ、1993年、18歳の時、渡米。Criminal Justice(犯罪社会学)で学士、日本語教授法で修士を取得。2002年、ギフティッドの中学生を対象にした、私立のオデッセイ中学校に赴任する。後、同校のDean of Students(生徒生活指導)になり、全校の生徒達のアドバイザーとして保護者と密接に生徒達の育成に関わる。その後、同校のAssistant Head of School(副校長)になり、サンフランシスコベイエリアでギフティッド教育の普及活動をする。感情知性教育、キャラクター教育、カリキュラムデザインが専門。

退職後、2012年、カリフォルニア州サンマテオ市と日本にてエリン・スターリングとFeelosopher’s Pathという教育コミュニティーを設立。ギフティッドの子供達だけでなく、多様な学びが必要な子供たちに教育プログラムを提供している。日本では、お昼のデイプログラムや、冒険プログラム、ホームスクーリングなどを通して、感情知性が豊かになるように子供たちに挑んでいます。

また、日本ギフティッド協会を始め、年に1度ギフティッド教育カンファレンスを東京で開催している。そして、Gifted Support Groupミーティングを東京都内にて月1回開催し、ギフティッドを持つ保護者を支援しています。

NPO法人Feelosopher’s Path Japan : www.fpjapan.org

日本ギフティッド協会:www.jagifted.org

ヒロ先生のブログ:https://chishikijin.blogspot.com/

どう繋がりたいですか?

【癒しの泉】第14回 『よい自分』と『ダメな自分』?

私たちは無意識のうちに、自分の中に
「よい自分」と「ダメな自分」をつくってはいませんか?

例えば、「よい自分」というのは、
優しい、気が利く、努力している、行動力がある、謙虚、
明るい、元気、前向きな自分。
そんな自分は、堂々と人にも見せられるし、
できれば、その自分だけで生きていきたい。

そして、「ダメな自分」とは、
思いやりがない、すぐに怒る、怠ける、優柔不断、
気が弱い、クヨクヨする、色んな事ができない、だらしない自分。
そんなダメダメな自分なんて、恥ずかしくて人には見せたくないから、
できれば、こんな自分はずっとずっと出てこないでほしい!

自分のことなのに、自分を扱うのってホント難しい!

じゃあ、どうすればもっと楽に生きられるのかな?

今回は、そんなお話です。